スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JSPヘッダの共通化

今週末はずっと、JSPファイルの文字コードで悩まされました。
JAVAで日本語文字コードの扱いってなんだか難しい。
結局 charsetを「Windows-31J」にすることにしたのだけど、
この指定を全JSPファイルに反映させるのがひと苦労です。

pageディレクティブ(<%@ page %>)内で変数使用できないから。
「こんなのいちいち大変じゃん・・・絶対おかしい」
とおもいつつも あきらめて、50近いjspファイルの設定をかえました。
・・・でも、これでまた問題発生したらまた全ファイルに変更するのかなぁ?っと思って、もう一回しらべたら。

ありました。
web.xmlだ。

JSPファイルで共通のpage ディレクティブを一行書いただけのfoo.jspを作成しておいて、web.xml内で、「*.jspのヘッダとしてfoo.jspをインクルードせよ」と指令しとけばよいわけです。

早速ためしたら、できちゃった。

foo.jsp
------------------------------
<%@ page contentType="text/html; charset=Windows-31J;" pageEncoding="EUC-JP"%>
------------------------------

web.xml
------------------------------
<jsp-config>
<jsp-property-group>
<url-pattern>*.jsp</url-pattern>
<el-ignored>false</el-ignored>
<page-encoding>EUC-JP</page-encoding>
<scripting-invalid>false</scripting-invalid>
<include-prelude>/foo.jsp</include-prelude>
</jsp-property-group>
</jsp-config>
------------------------------

スポンサーサイト

テーマ : webサイト作成
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
記事リスト
リンク
アーカイブ
RSSフィード
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

プロフィール

アール

Author:アール
育児休業中のプログラマーです。

最近の記事表示
最近のコメント
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。